読書メモ『世界ブランドP&G流パワー・ブランド戦略』著者 市橋和彦

読書メモ『世界ブランドP&G流パワー・ブランド戦略』著者 市橋和彦

 

【現在ブランドの再構築ポイント】参照p25

再構築するには3つのステップがある。

❶多すぎるブランドを整理➡戦略の統一性を持たせる

❷『誰に売りたいか』『誰に買ってもらいたいか』を明確化

❸ブランド知名度が高いだけではブランド構築できない

➡消費者は、実際にブランドを購入してみないと、具体的なブランドイメージを作れない

 

参考p25

次々と新製品が出るが、消費者にとってみれば差別化のポイントがわからない。多くの似たような商品が店頭に並ぶことになる。営業部門の努力で店頭に新商品は並ぶが、3か月以内にだいたい店頭から消える。

 

ポイント

参考p26

商品開発プロセスでは、それぞれに商品特徴をつけたのだろうが、発売広告を見ると、他社の有力ブランドと何が違うのか、なぜよりおいしいのかわからない。消費者に対して『新製品としての明確なコミュニケーションが、他社と際立つような形ではなされていない。』

 

参考p27

【従来マーケティングの崩壊】

商品開発はするがブランド開発はしない。

ブランドマネジメント機能が構築できていない

大型ブランド創造に投資しない

ブランドマネージャーを育成しない

 

【要点おさらい・思ったこと・アイデア

❶ブランドマネジメントに投資する

❷ブランドマネジメントについてブレストする

❸商品開発とともにブランド開発もする

❹新商品として売り出すときは、消費者に差別化するポイントが伝わっているかが重要

❺ほかの新商品となにが違うのかをわかりやすく伝える方法をブレスト

❻ブランドを再構築する際には3つのステップを踏まえる

❼ブランドの再構築では、統一性をもたせることが大事

❽ブランドは使ってみてから成り立つものであり、単純に知名度を上げればいいわけじゃない

❾商品開発だけではなく、発売広告で消費者に差別化を伝えられるかが大事

❿とにかく差別化を常に意識する

Google translation MAYU 2017-06-21 Reading memo "World Brand P & G Stream Power · Brand Strategy" author Kazuhiko Ichihashi     Reading memo "World Brand P & G Stream Power · Brand Strategy" author Kazuhiko Ichihashi   [Reconstruction point of brand now] reference p25 There are three steps to rebuild. ❶ Organize too many brands ➡ Have unity of strategy ❷ Clarify who you want to sell and who you want to buy ❸ Brand building can not be built simply by high brand name recognition ➡ Consumers can not make concrete brand image unless they actually purchase a brand   Reference p25 New products will appear one after another, but for consumers it does not understand the point of differentiation. Many similar products will line up at the shop front. With the efforts of the sales department, new products line up at the shop front, but generally disappear from the shop front within three months.   point Reference p 26 In the product development process, it seems that each product feature was attached, but when you look at the advertisement on sale, you do not know why it is different from the other leading brands, why it is more delicious. To consumers "Clear communication as a new product is not made in such a way as to stand out from other companies. "   Reference p 27 【The collapse of traditional marketing】 We develop products but do not develop brands. Brand management function can not be constructed Do not invest in creating large brands Do not train brand manager   【Points of Interest · Things I thought · Ideas】 ❶ Invest in brand management ❷ Breast about brand management ❸ Make brand development along with product development ❹ When selling out as a new product, it is important whether the point to differentiate to consumers is conveyed ❺ Brest a way to communicate what is different from other new products ❻ When rebuilding the brand, consider three steps It is important to have unity in rebuilding the brand ❽ Brand is a thing that is made after trying it, it is not necessary to simply increase the name recognition It is important not only to product development but to be able to convey differentiation to consumers with release advertisements always be conscious of differentiation anyway

読書メモ『世界ブランドP&G流パワー・ブランド戦略』著者 市橋和彦

読書メモ『世界ブランドP&G流パワー・ブランド戦略』著者 市橋和彦

【印象に残った言葉】

❶消費者は、自分が何がほしいかはっきりわからない➡大規模なマーケティング調査から新商品開発を導こうとしても、ほとんどの新商品が失敗に終わる

 

❷他社と同じマーケティング手法では、同じ提案になってしまう

➡『差別化こそマーケティングが求めるべきもの

 

❸新しいブランドとマーケティングを構築するために 

引用p23「マーケティングには正解がない、最適解を探す挑戦を。パワーブランドは差別化戦略から生まれる」

引用p23「ブランドに対する特別な思いを感じてもらう仕組みと仕掛けが必要 モノを売るより、モノを通じた楽しい体験を提供」

引用p23「流通網を築くことに重点を置いた従来の営業型マーケティングからの転換」

 

以上の内容から思いついたアイデアブレスト】(個人的なブレストです。本の内容の要約ではないです)

マーケティングの方法を多角的に行う

❷新商品開発でそもそもマーケティングで導き出せるのか、他社と同じアプローチをすつことになって差別化に失敗してないか

❸ものを売るより、ものを通じた体験づくり、どれだけひきこむ物語をつくれたかに力を入れる

ものにストーリーをつけることでブランド化する

マーケティングで必要なのは他社との差別化であり、他社と同じ商品づくりをするためではない

❻なにがほしいか消費者もわかっていないのであれば、ほしくなるものを生み出す発想が必要。アンケートからじゃなくて、先回りしてサプライズできるかが大事

 

 

読書メモ【ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96】 著者 森中亮

読書メモ【ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96】 著者 森中亮

 

【動画を能動的に視聴させるテクニック】参照p50

受け身ではなく積極的に情報を拾ってもらえれば、効果が高まる

【非常に効果的な表現方法】

「自分のことと受け止められるように情報提供する方法」

➡普遍的に人気のある占いコンテンツはいい例

➡誕生日や血液型を選択して提供される情報に一喜一憂します(ラッキーアイテムが紹介されたら思わず手が伸びてしまいそうに・・・)

結論!!!

『選択』は情報の価値を高める

➡自分に合った動画を『選択して』閲覧できるようになれば、情報の効果が全然変わります!!!!!!!

 

【重要なので動画づくりのポイント】引用p51

❶「ユーザーが能動的に情報を受け取れるように工夫する」

❷「選択することで情報の価値は高まる」

 

キーワード

選択、能動、占い、自分に向けた動画であると思ってもらえるかどうか

 

【感想、今後の動画づくりの改善点ブレスト】

❶FBやユーチューブの動画を『〇〇なあなたはこの動画』『おとめ座のあなたに向けた動画』などと相手に向けて作ってみる。ただ漠然とつくらない。

❷ユーザーが動画をみながら選択によって結論が変わるなどのオプションをつける

❸占いみたいな感じで、絵画をアイテムとしてはプロモーションするのはどうか

❹動画を見ることが日課になるように、朝の占いのようなコンテンツにしたらどうか

❺動画のタイトルを、能動的なものにしたらどうか

 

読書メモ【ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践のノウハウ96】著者 森中亮

読書メモ【ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践のノウハウ96】著者 森中亮

【HOW TO動画の戦略】参考p40

how to動画は①カスタマーサポート②見込み客のハートをつかむ③ロイヤルティーの工場につながる

 

【求人情報での動画活用】参考p40

待遇面は文字で伝わる、でも人間関係は動画などで伝えるほうが効果的。

面接時に、事前に動画などで会社の雰囲気を知っていたら、初対面でも比較的緊張しない。採用は事前にインターネットでどれだけ求職者に情報を提供できたかが今後カギになる。無駄を減らして質の高い面接ができるという点において、会社の雰囲気を動画で伝えることに先行投資する価値は高い。

 

ポイント 参考p41

❶求人情報に動画を掲載すれば他社に差をつけられる

❷待遇や条件は文字で、メッセージや職場の雰囲気は動画で

❸手間をかけて動画を使えば、無駄な面接が減り質の高い面接が増える

 

【動画を公開するメリット】参考p44

❶外部への内部情報の公開は内部の改善につながる

➡非公開にしてきた、動画なら「伝わる情報」を公開する

➡内部情報を公開することを恐れない

 

【メッセージ型の動画活用のメリット】参考p46

❶代表者のメッセージは信頼性を築く

❷メッセージは親近感を与える

❸メッセージは言葉だけではない

 

【告知動画のポイント】

❶告知動画は要点だけを「シンプルに」構成する

❷文字は読まないユーザーでも動画だけはみてくれることがある

❸必要な情報かどうか動画を見て判断させる

 

 

MAYU 2017-06-21 Reading memo 【Knowledge of practicing video marketing practice to maximize Web video capability ROI 96】 Author Morishita Ryo  Edit   Reading memo 【Knowledge of practicing video marketing practice to maximize Web video capability ROI 96】 Author Morishita Ryo 【HOW TO VIDEO STRATEGY】 Reference p 40 How to video ① Customer support ② Grab a prospect's heart ③ Connect to a royalty factory   [Use of moving pictures in job information] Reference p 40 The treatment side is transmitted by letters, but it is more effective to tell human relationships with videos etc. When I was in the interview, knowing the atmosphere of the company in advance with videos etc., I am relatively nervous at first meeting. Hiring will be key to the extent to which information can be offered to job seekers on the Internet in advance. In terms of reducing waste and providing a high-quality interview, it is worthwhile to make a prior investment in communicating the atmosphere of the company with moving pictures.   Point reference p41 ❶ If you place a video on the recruitment information, you can make a difference to other companies ❷ Treatment and conditions are letters, messages and the atmosphere of the workplace is animated ❸ If you spend time and effort on moving images, unnecessary interviews will be reduced and interview with high quality will be increased   [Benefits of publishing movies] Reference p44 ❶ Publishing internal information to the outside leads to internal improvement ➡ Publish "Information to be transmitted" if it's been made private ➡ Do not be afraid to publish internal information   [Advantages of using message type video] Reference p46 ❶ Representative's message builds reliability ❷ Message gives affinity ❸ Message is not the only word   【Point of notification movie】 ❶ Notification movie constitutes "essential" only the main points ❷ Users who do not read letters may only see movies ❸ Make judgment by watching the video whether necessary information is required

読書メモ【ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96】森中亮 著

読書メモ【ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96】森中亮 著

 

【印象に残った言葉】

 

引用p18「AISASからJUCEへ」JUCEとは、J 判定 U 理解 C信頼 E感動

引用p19「ウェブ動画 ブラウザ+プレイヤーで操作の自由度が高い上に、閲覧者の意識は移ろい易いため、視聴確保が極めて難しい。」

引用p20「レスポンスが期待できるウェブ動画 

ウェブ動画は、視聴後の誘導に力を発揮します。必要な行動はワンクリックだけ。ユーザーが一番ホットな状態の時に、資料請求や商品購入などの具体的な行動をとらせることができます。」

参考p23ウェブ動画の付帯的な価値➡動画があるからわかりやすそう、パット見で理解できそう、文字が少なくて見るのが楽、動画での説明に対して親切さを感じた

参考p26 オンラインライブセミナー➡①会場探しや当日の移動コスト削減②オンラインなので質問してもらいやすい③遠方企業との共同セミナーも実地しやすい④オープン型(誰もが閲覧できる→閲覧者の書き込みが伝播することで、新しい見込み客が期待できる)とクローズド型(独自ドメインで手厚いフォローができる)の2つの配信方法を使い分ける

「Google AdWords」成功の法則 著者 川田達矢さん

Google AdWords」成功の法則 著者 川田達矢さん

を読んで学んだことを箇条書きにしてみました。

 

google アドワーズ メリット】参考ページp16~24

1集客規模

2集客力の継続性

3メルマガ広告は一時的な集客であるのに対して、ブログは未知数である。

4広告の品質スコアを高めることができれば、大企業とも対等に向き合って、検索上位表示にできる

5クリック課金型

61日単位の広告予算を設定できる

7広告設定後、非常に短時間で集客できる

8クリック数と広告費用がすぐに確認できる

9CPO(顧客獲得単価)=google adwordsにかけた広告費÷申し込み件数

10費用対効果の測定が短時間で可能

6より多くの広告費を払った企業が優遇されるとは限らない。google adwordsでは、広告のクリック率や関連性が重視され、お客様にとって有用な広告ほど優遇されるしくみになっている

google adwordsで2つの広告がある】参考ページp49~53

1イメージ広告

利用できる画像形式や画像サイズに決まりがある

2テキスト広告

広告見出しは15字以内

 

【重要】検索ネットワークで集客するのか、ディスプレイネットワークで集客するのか、両方を使って集客するのか戦略を練ること

 

参考ページp56

【キーワード選び】理想的な見込み顧客が、どんなキーワードでその商品を探そうとしているのかイメージして、それらのキーワードを広告グループ内に登録することが大切

 

【重要】広告グループに登録するキーワードは、ひらがな、カタカナ、漢字、すべて区別して認識されます。

 

「一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則」著者 田村仁さん

「一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則」著者 田村仁さん 参照

キーワードを書き出してみようと思います。

 

【コピー原案、作成の道筋】p86参照

1コピープラットフォームを参照にしつつ作成する

2まずは、大切なお客様の価値にアンダーラインを

3次に大切なワードを四角で囲む

4文章の長さを気にせず、できるだけお客様の価値を取りこぼしがないように書く

5大切なお客様価値が多いなら、A案B案となることもある

 

この段階を安易に通り過ぎるとダメ。短文化すればそれだけで売れる商品キャッチコピーになるように原案をつくること!

 

企業価値とお客様価値で分けて図をかいて、企業価値からお客様価値を導けるとよい

 

【重要】商品価値の本質とは何か?p56、57

キャッチコピーを開発する際に大切なのは、お客様に有用な価値の抽出です。お客様にとって有用だったり魅力的な価値はお客様価値。そのほかを企業価値という。

 

商品価値で大切なのは、お客様価値と企業価値を区別すること。

 

商品価値=企業価値+お客様価値

 

より魅力的なお客様価値の発見と創出に、全エネルギーを注ぐことが、商品キャッチコピー開発である。

p58

コンセプトを考えるうえで大事なことは、お客様とのコミュニケーションの中で「商品」の何を伝達するかということ。

 

つきつめれば、コンセプトとは「もっとも魅力的なお客様価値」にほかならない。